廚 菓子 くろぎ

Kuriya Kurogi

料理屋が生み出す今までに無い、和菓子の進化。

「廚」の意味でもある「職人の手仕事」一つ一つをお客様にお伝えしたい。

本家くろぎの「料理屋の和菓子」とは何かを考えたとき、臨場感あふれるステージに、職人たちの様々な思いを込め、目の前のお客様に作りたての最高の状態で美味しさを提供したい、それが「くろぎらしさ」なのではないかと考えました。「和菓子」とは何か、「真の甘味」とは何か、言葉の意味を五感で味わえるような「くろぎのおもてなし」をお伝えしたいと考えます。

数多くの歴史ある日本文化の一つでもある「和食」が世界無形文化遺産に登録され、にわかに和食職人が注目をあびる中、伝統ある和菓子職人も評価されるべきではないかと考えます。伝統としてつちかってきた職人の技と想いは、将来に残していく日本の財産であると共に、より良い挑戦を待っているかのようにも感じます。

本家くろぎの料理屋としての「和菓子の進化」への追究と、恵比寿に構える猿田彦珈琲が織り成す「和菓子に合う日本の珈琲」の提供、この新しい取り組みこそ「和菓子の発展」の一つと考えています。

スタッフ一同心よりお待ち申しております。

Evolution of “Wagashi” (Japanese sweets), created by Japanese cuisine.

Through what we call “KURIYA”, meaning “artisan’s works”, we’d like to offer excellent sweets to all our customers.

As a Japanese cuisine, we spent much time considering how we should treat Japanese sweets in our original style and our decision was to make them “alive” as much as possible. That is what KUROGI stands for and we believe this is the best way to offer our sweets in a best shape.

While Japanese cuisine is registered as a world heritage, we believe Japanese sweets and those who create them should be given more credit as another cultural heritage. As a Japanese cuisine, KUROGI would like to devote our skills and passion to go beyond the boundaries of Japanese sweets.

One of our initial challenges is a collaborative work with specialized coffee roasted by SARUTAHIKO coffee in EBISU, Tokyo. Please enjoy the perfect match of this special coffee with our sweets.

We truly look forward to seeing you all soon.

東京都文京区本郷7-3-1
国立大学法人 東京大学 本郷キャンパス春日門側
ダイワユビキタス学術研究館1階

丸ノ内線 本郷3丁目駅より 徒歩5分
大江戸線 本郷3丁目駅より 徒歩3分

03-5802-5577

Daiwa Ubiquitous Research Building 1F,
7-3-1, Hongo, Bunkyo Ward, Tokyo

*located nearby the Kasuga Gate
inside Hongo campus of The University of Tokyo

5 minutes walk from Hongo sanchome Station, Marunouchi Line
3 minutes walk from Hongo sanchome Station, Oedo Line

Phone: +81-3-5802-5577